読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ROMANCE DAWN for the new world

Microsoft Azure を中心とした技術情報を書いています。

Azure Container Service の Kubernetes に ASP.NET Core アプリケーションをデプロイする

前回の記事では、Azure Container Service に Kubernetes を展開し、nginx をデプロイしました。
gooner.hateblo.jp
今回は、ASP.NET Core アプリケーションをデプロイして、スケールアウトやアプリケーションの更新を試してみます。

ASP.NET Core アプリケーションを作る

先月アップデートされた dotnet コマンドを使って、ASP.NET Core MVC のテンプレートでアプリケーションを作ります。

$ dotnet new mvc -o mvcapp
$ cd mvcapp
$ dotnet restore
$ dotnet build
$ code .

Docker イメージを作りたいので、テンプレートを少し修正します。
まずは、Visual Studio Code を開いて、Dockerfile を追加します。

FROM microsoft/dotnet:1.1.1-sdk
COPY . /app
WORKDIR /app

RUN ["dotnet", "restore"]
RUN ["dotnet", "build"]

EXPOSE 5000/tcp
ENV ASPNETCORE_URLS http://*:5000

ENTRYPOINT ["dotnet","run"]

次に、Dockerfile で環境変数に指定したURL(ポート番号)をアプリケーションの起動時に設定します。
Program.cs を開いて、環境変数から取得した値を UseUrls() メソッドで設定します。

public class Program
{
    public static void Main(string[] args)
    {
        // 環境変数からURLを取得する
        var config = new ConfigurationBuilder()
            .AddEnvironmentVariables("")
            .Build();
        var url = config["ASPNETCORE_URLS"] ?? "http://*:5000";
        
        var host = new WebHostBuilder()
            .UseKestrel()
            .UseContentRoot(Directory.GetCurrentDirectory())
            .UseIISIntegration()
            .UseStartup<Startup>()
            .UseUrls(url)           // URLを設定する
            .Build();

        host.Run();
    }
}

Docker イメージをビルドします。

$ docker build -t thara0402/mvcapp:v1 ./

ビルドした Docker イメージを Docker Hub にプッシュします。

$ docker login
Username: thara0402
Password: 
Login Succeeded
$ docker push thara0402/mvcapp:v1

f:id:TonyTonyKun:20170320110613p:plain

ASP.NET Core アプリケーションをデプロイする

Azure Container Service に SSH 接続します。

$ ssh thara@gooner0318mgmt.eastus.cloudapp.azure.com -A

先ほどプッシュした Docker Hub のイメージを使って、Kubernetes に ASP.NET Core アプリケーションをデプロイします。Pod が作成されるので、外部から接続できるように Service で 5000 ポートを公開します。

$ kubectl run mvcapp --image thara0402/mvcapp:v1
deployment "mvcapp" created

$ kubectl get pods
NAME                      READY     STATUS    RESTARTS   AGE
mvcapp-3237912479-6b159   1/1       Running   0          1m

$ kubectl expose deployments mvcapp --port=5000 --type=LoadBalancer
service "mvcapp" exposed

$ kubectl get svc
NAME         CLUSTER-IP   EXTERNAL-IP    PORT(S)          AGE
kubernetes   10.0.0.1     <none>         443/TCP          1h
mvcapp       10.0.47.43   52.168.28.12   5000:32648/TCP   2m

ブラウザで 52.168.28.12:5000 に接続すると、ASP.NET Core MVC のテンプレートが表示されます。

f:id:TonyTonyKun:20170320110631p:plain

ASP.NET Core アプリケーションをスケールアウトする

デプロイした ASP.NET Core アプリケーションをスケールアウトしてみます。

$ kubectl scale deployment mvcapp --replicas=3
deployment "mvcapp" scaled

$ kubectl get deployment
NAME      DESIRED   CURRENT   UP-TO-DATE   AVAILABLE   AGE
mvcapp    3         3         3            3           12m

$ kubectl get pods
NAME                      READY     STATUS    RESTARTS   AGE
mvcapp-3237912479-1mrkl   1/1       Running   0          13s
mvcapp-3237912479-5k3bq   1/1       Running   0          13s
mvcapp-3237912479-6b159   1/1       Running   0          12m

Pod が2つ追加されて、3つにスケールアウトされました。Service がロードバランサーとなり、リクエストを割り振ってくれます。数秒でイメージを複製できるのはコンテナの便利なところです。

ASP.NET Core アプリケーションを更新する

ローカルで ASP.NET Core アプリケーションを更新して、Docker イメージをビルドします。タグは、V2 に変更しています。ビルドした Docker イメージを Docker Hub にプッシュします。

$ docker build -t thara0402/mvcapp:v2 ./
$ docker push thara0402/mvcapp:v2

f:id:TonyTonyKun:20170320110654p:plain

Azure Container Service に SSH 接続して、Pod にデプロイされている Docker イメージを更新します。

$ kubectl set image deployments/mvcapp mvcapp=thara0402/mvcapp:v2

$ kubectl get pods
NAME                      READY     STATUS    RESTARTS   AGE
mvcapp-3312820128-400cp   1/1       Running   0          30s
mvcapp-3312820128-8wz2f   1/1       Running   0          30s
mvcapp-3312820128-tgvll   1/1       Running   0          30s

Pod の名前が変わっていることから、自動的に古い Pod が破棄され、新しい Docker イメージを使った Pod が作成されたことが分かります。
ブラウザで 52.168.28.12:5000 に接続すると、「mvcapp v2」に変更された ASP.NET Core MVC のアプリケーションが表示されます。

f:id:TonyTonyKun:20170320110712p:plain

ASP.NET Core アプリケーションを削除する

最後に、デプロイした ASP.NET Core アプリケーションを削除します。

$ kubectl delete service,deployment mvcapp
service "mvcapp" deleted
deployment "mvcapp" deleted

まとめ

今回は、Kubernetes に ASP.NET Core アプリケーションをデプロイして、スケールアウトやアプリケーションの更新を試してみました。

f:id:TonyTonyKun:20170321003533p:plain

ASP.NET Core アプリケーションの Docker イメージを Docker Hub 経由で、Pod にコンテナをデプロイしました。宣言的なコマンドを実行するだけで、簡単に Pod のレプリケーションを作成し、スケールアウトを構成できます。
ASP.NET Core アプリケーションの更新は、新しい Docker イメージを設定することで、自動的に古い Pod が破棄され、新しい Pod が作成されます。Pod を1つずつ更新したり、スワップする必要もありません。
次回以降は、もう少し実践的な内容を試してみたいと思います。
gooner.hateblo.jp