読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ROMANCE DAWN for the new world

Microsoft Azure を中心とした技術情報を書いています。

書籍「Microservices on Azure」の感想

Microsoft Azure Book Review

先月の JAZUG の勉強会で Azure Service Fabric の話を聞いて、読んでみたくなった書籍でした。既にマイクロサービスという用語がバズワードになっている感もあって、実際どうなんだろうなあと思っていましたが、de:code 2016 に参加してその重要性を肌で感じたので購入しました。

Microservices on Azure

Microservices on Azure

  • 作者: ボブ・ファミリア,株式会社クイープ
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2016/04/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

なぜ今マイクロサービスなのか

クラウドを使うことが当たり前の時代となり、顧客の要求は絶えず変化し、そのスピードも速くなっています。エンジニアは、より多くの機能を、より短い時間で、より少ないリソースで提供することが求められます。もっとクラウドのメリットを活用して効率よくアプリケーションを開発したくなるわけです。
そのためには、開発だけではなく、デプロイメントやメンテナンスも含めた全体のプロセスを変えていく必要があり、第1~3章ではモノリシックな階層型アーキテクチャと比較しながら、マイクロサービスの重要性を分かりやすく解説しています。

リファレンス実装

第4~7章では、Azure Storage、SQL Database、DocumentDB、Redis Cache、Web Appsなど基本的なサービスに加え、IoT で使うことが多い Event Hubs や Stream Analytics も含めて、概要とリファレンス実装が記載されていて、Azure 初心者にも易しいです。
Azure PowerShell を使った自動化も含まれているので、継続的インテグレーションやデプロイまで試すことができます。ちなみに、Azure API Management について書かれている本を読んだのは、初めてでした。

Azure Service Fabric

第8章では、Azure Service Fabric の概要やプログラミングモデルが分かりやすく解説されています。プレビューだった頃のバージョンですが、Service Fabric SDK をインストールして、ローカル環境で試す手順も記載されています。実際にコードが記載されていると、具体的なイメージがつかみやすくて良かったです。

まとめ

これまでのクラウドの普及と進化が、どうしてマイクロサービスにつながってくるのかを整理できた気がします。クラウドプラットフォームにどんなアーキテクチャでアプリケーションを開発していけばよいのか、いま改めて考える際のガイダンスがマイクロサービスだと思いました。

余談

デスクの横に積み上げられていく書籍の山を増やしたくなかったので、Kindle Paperwhite を購入しました。ブラックの Wi-Fi モデルに純正カバーもつけました。だいぶ割高感のあるカバーでしたが、Amazonプライム会員で 4,000円OFF だし、まあ良しとしました。

Kindle Paperwhite Wi-Fi 、ブラック、キャンペーン情報つき

Kindle Paperwhite Wi-Fi 、ブラック、キャンペーン情報つき

Amazon Kindle Paperwhite用レザーカバー、ミッドナイトブルー (Kindle Paperwhite専用)

Amazon Kindle Paperwhite用レザーカバー、ミッドナイトブルー (Kindle Paperwhite専用)

スマホやタブレットと比べて、文字が読みやすいですし、軽くて薄いので気軽に持ち運べて便利です。紙の書籍でなくても、十分ありだと思いました。ただ、「1-Clickで買う」ボタンは簡単に購入できて危険なので、調子に乗ってクリックし過ぎないように気をつけたいです。